モンスターカレンダー

 2011年1月 »
12345678910111213141516171819202122232425262728293031

2011年1月 3日アーカイブ

万能薬であるプラセンタ

最近よく耳にするプラセンタですが、これは英語で胎盤を意味します。
私達がサプリメントなどで摂取するプラセンタとは、この胎盤から細胞分裂を促進する成長因子であるグロースファクタやアミノ酸、
ビタミン、ミネラル、酵素などの成分を抽出したものです。
ちなみに成長因子とは、胎児が子宮の中で驚異的な成長をするために必要なものです。
プラセンタは、古くなったり、弱った細胞から新しい細胞を作り替えるのを助ける働きがあります。
ですからプラセンタを摂取することで、細胞のリフレッシュや血流、情報伝達物質やホルモンバランスの改善を促します。
このおかげで、肌の新陳代謝が促進され、肌が若返ったり、たるみやしわを改善します。
またホルモンバランスを整えるので、更年期障害に効果的です。実はプラセンタが有名になるずっと前から、更年期障害の薬として、
病院などで処方されています。
その上、代謝機能を促進することで、体力アップや疲労改善、痩身が期待できます。
そして自律神経を整える効果もあるので、不安感などを抑え、うつ症状を緩和したり、ストレス耐性を向上させます。
プラセンタはメンタルヘルスにも一役かっています。このようなことからも分かるように、プラセンタは副作用もさほどなく万能薬といえます。"